テレクラで会った女性とのSEXにはヘルメットの装着を

テレクラでは新たな出会いがたくさん待っているので、待ち合わせしてそのままホテルへ直行してセックスというパターンも多いにあります。
ただし、不特定多数の異性と関係を持つほどの魅力が待っているテレクラは、性病予防も非常に重要です。

ヘルメット装着をしなければ、思わぬ損害があるかもしれないのです。

自分と同じように、新たな出会いをどんどん見つけている異性であれば、思惑通りに体の関係に発展することは多いはずです。
でも、相手がほかの男性から性病をもらっている可能性は否定できません。

特に、生でセックスをしているというのがウリになっている女性は要注意です。
気持ち良さに負けてヘルメット装着を怠っていると、そこから苦しみの毎日に繋がってしまうかもしれません。

昨今では日本全国の都心部を中心に、行政機関が把握しているだけで1日に4人のペースでHIV感染患者が増えているそうです。
1日に4人です。HIVの場合はほとんどの人が気付かないことも多いそうで、実際はこの数十倍のペースで感染が拡大していると予測出来るそうです。

そうなってしまってからでは「時既に遅し」なので、大人の付き合いを楽しむためには、それなりにたしなみが必要です。

できるだけ安全に関係を築くためにも、ヘルメット装着はエチケットと思い、男性は気をつけなければなりません。
もちろん、女性もピルを服用するなど、妊娠しないように気をつけなければ、一夜限りの関係から妊娠してしまうという失態を犯してしまうかもしれません。

後悔の無いような出会いを求めるためにも、セックスに発展するような出会いをテレクラに求めるのであれば、自分なりに衛生対策を徹底すべきです。
その配慮一つ欠けただけでも、楽しい思いが苦しみに変わってしまいます。

積極的に異性を求めるのは悪いことではありません。
しかも、テレクラであれば目的意識も同じという異性も見つけやすくなります。
ただ、必ずしも安全ではないという思いを持っていなければ、セックスによって平穏な毎日が崩れてしまいます。

たかが性病と思っているかもしれませんが、そこから自分や彼女・奥さんなど、ほかの関係にまで被害が及んでしまう可能性も秘めています。
それが初めからわかっているのであれば、安易に生でセックスを行うという行為にはなりません。

大人としての楽しみ方をわきまえてこそ、テレクラは良い出会いの場となるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ