AD

テレクラの歴史

テレクラの歴史は昭和にさかのぼります。
しかも、当時は連絡手段が固定電話しか無いような時代。

そこでもテレクラは利用されていたのです。

昭和60年頃から流行りだしたテレクラですが、インターネットの発展に伴って、一時は人気が衰退してしまう状況が続いていたのです。
しかし、現在は多くの出会いを仲介してくれる場として、再び注目を集め、中でも女性の利用者が急増しています。

テレクラは早い者勝ちというイメージを持っている方も多いはず。
それは、かつてのテレクラのシステムが、女性からのコールが一斉に男性側の電話機を鳴らし、それに反応できた男性だけが出会いのチャンスをつかめたのです。

機会で自動的に繋いでくれる「トレゾウ君」という機会がかなり売れていた時代です。

でも、こうしたシステムでは、出会いの可能性は平等ではありません。
だからこそ、インターネットを利用した出会い系サイトの存在が世の中に出回った時に、テレクラは衰退を見せたのです。

現在は多くの出会いを見つけるために、スマホ対応のテレクラサイトも存在します。
自宅の固定電話からの利用だけでなく、携帯電話をはじめとしたモバイル環境を駆使しても利用ができるのです。

まだまだ昭和の後期から現在に至るまでの歴史ですが、それでも現在も出会いを促すサービスが、多くの男女に愛されています。

インターネットの環境を用いたテレクラも多くなり、出会いの幅広さを存分に楽しめるのが現在です。
男女問わずに理想の出会いができるかもしれないという期待は、テレクラで叶えられるようになっています。

女性は利用が無料。男性はポイントを購入して利用するというスタイルになっており、クレジット決済にも対応するなど便利な内容がウケています。

テレクラが出現した時期から見ると、現在は便利になり、すぐに近くの人と出会えるという喜びが、どんどんリピーターを増やしています。
さらには、コンセプトを絞っていくこともできるようになっているので、テレフォンセックスを楽しむパートナー探しや、ワリキリの関係を築くような相手にも巡り会えるのです。

時代と共にサービスの形も変えていますが、本質はなんら変わっていません。
テレクラの歴史を把握することで、さらにテレクラの楽しみ方が増すことでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ