テレクラのすっぽかし対策について

テレクラは多くの出会いが期待できるツールです。
でも、中にはサクラが紛れ込んでいることもあります。
そうです。テレクラと言えばサクラはつきものとして考えることが大切です。

ですから、すっぽかしを受けるということも考えられるのです。
ただし、その対策が自分の中に出来上がっているのであれば、こうした失敗を気にすることなくチャンスをつかみ取れるのです。

テレクラでは、会う約束を交わすなど、実生活で男女が出会うきっかけを作るやり取りが行われます。
でも、具体的に約束をしていなければ、相手にとっても重要さが薄れてしまいます。

さらには、テレクラのみで連絡を取り合っているような関係であれば、すっぽかしも簡単です。

まずは相手のプライベートなアドレスや電話番号を聞いておくことで、すっぽかし対策を行うことが出来れば最善策です。
たとえ当日に相手と音信不通になることがあったとしても、まだまだやり取りのチャンスが残されています。

しかし、そもそもがサクラであれば待ち合わせ場所に来ることは決してありません。
ということは、事前にプライベートアドレスなどの交換をかたくなに断ってくる場合、サクラの可能性が高いことも挙げられます。

テレクラでは伝言ダイヤルなどにメッセージを残すことがあったとしても、それをチェックしているかの確認が取れません。

たとえば、スマホやパソコンで利用できるLINEのIDがわかっているのであれば、自分のメッセージが既読されているかが確認できます。
それでも相手からのリアクションが無いのであれば、もう脈が無いと判断して、新たな出会いに気持ちを切り替えるべきなのです。

すっぽかし対策を行っていると、その後も相手とやり取りが期待できるかが簡単にわかるようになります。
出会いのチャンスがたくさん訪れるテレクラにおいて、判断力を磨かなければいつまで経っても実生活に結びつきません。

できるだけ成果として感じられるようにするには、どうしても確認作業が行えるような環境が必要になります。
そのためにも、テレクラ以外の連絡手段を確保しなければならないのです。

すっぽかし対策は万全ではないにしても、それなりに見切りをつけられる手段があると、余計なお金や時間をかけることなく、着実に異性との出会いが広がります。
それが、テレクラを利用して楽しいと思えるエピソードに繋がるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ