テレクラでのサクラを見分ける方法

テレクラはほかの出会い系サイトと同じようにサクラが紛れている場合があります。
一説ではほとんどがサクラだと言う人も居ますが、業界筋の情報ではそんなことはありません。

確かに存在そのものは否定しませんが、昨今では女性の利用客は急増しているので、チャンスな時期は今なのです。

しかしながらサクラと気付かずに会話を続けていると無駄にポイントばかりを消費してしまうという事態に陥ってしまいます。
でも、あらかじめサクラの見分け方がわかっていると、見切りをつけて新たな出会いに向かうことができますよね。

サクラの見分け方としては、自分なりの線引きを行う必要があります。
線引きは見切りをつけるための時間です。

やり取りを開始してからどれくらいの時間までは許容範囲かを考えておくと、判断に迷うことなく次に進めます。
自分の予算とも相談しなければなりませんが、開始10分を目安に会話の進展を分析すると、サクラを避けて楽しめるようになります。

もちろん、もっとシビアに開始から5分を線引きにしても構いません。

テレクラに潜むサクラは、関係を発展させるような言動を避けます。
実際には進展させられないからこその措置なのです。

プライベートな連絡先の交換も断固拒否されるでしょう。
もしくは、連絡先が架空のものであるという場合もあるので、リアルタイムに連絡先を交換して、お互いの情報を確認し合うという手はずを取ると、サクラであるという疑いが強まります。

スムーズなやり取りに応じてくれるのであれば、自分に脈があり、サクラの可能性は否定できます。
連絡先も何らかの方法で聞き出せるのであれば、そこからの進展もあるはずです。

あまりにも進展しないという印象があるのであれば、ポイントや時間も無駄になるので、たとえサクラでなかったとしても、見切りをつけて次に進むべきです。

このように、時間やお金は有限であるということがわかっていると、見切りをつけるタイミングが履かくなります。
ただ、経験を重ねなければならない部分でもあるので、サービスを利用しながら自分磨きを行うことで成長するはずです。

テレクラはほかの出会い系ほどサクラがいないという印象を持つ方も多く、直接会話のやりとりを行う性質上、楽しさを感じられる出会いであるという判断が成されます。
それでも、サクラかもしれないという疑念を抱きつつ、自分なりの判断を磨くのがおすすめです。

また、出会い目的でない場合は話が根本から違ってしまいますが、上記は参考にすべきではありません。
サクラと言えど、テレフォンセックスで楽しむ分には素人以上に存分に楽しむことができます。

また、余りに話が盛り上がって仲良くなり、実は私はサクラなんです…とカミングアウトした事例まであります!
カミングアウトしておきながら実際に会って肉体関係に…という本当の事例まであるので、サクラだからと言って一概には否定は出来ないものなのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ